今日は交通事故において知っていて得をする知識を書いていきます。

特に初めて事故をされた方は色々と解らない事も沢山あるかと思います。

その中で今回は「慰謝料」について説明していきます。

簡単な説明は保険会社さんから送られてくる書類や口答で説明を受けることもあるかと思いますが
いざとなるとよくわからない事もあるかと思います。

「慰謝料」を一言でいいますと
「交通事故に対する精神的な苦痛に対する賠償」ということです。

肉体的な賠償については治療費に相当します。

この慰謝料というものは通院日数、通院実日数をもとの自賠責保険の慰謝料計算方法に基づいて算出されます。

つまり治療期間が長い、通院回数が多いとそれだけつらい、重い怪我で苦しんだという判断になるみたいです。

精神的苦痛なのでそれを図る尺度が通院ということらしいです。

そして先ほど出た「通院回数」と「通院期間」こちらのどちらか少ない方が慰謝料の算定に使用されます。

詳しく書くと

通院期間(通い初めて終わるまで)または通院実日数(通った回数)×2のどちらか少ない方に

4200円をかけた金額が慰謝料をして支払われます。

つまり例を上げますと

通院期間「90日」で通院日数が「40日」の方は

通院期間「90日」>通院日数「40日×2=80日」

となり少ない通院日数を選択されます。つまり毎日通っても上限が設けられているのでそれ以上増えることはありません。

しかし通えない状況が続くと治療も進まない、慰謝料も少なくなってしまうと良いことがありません。

また自賠責保険では打撲、捻挫、挫傷(筋肉の断裂による痛み等)などで整骨院を利用すること認められており患者さんの判断で通うことが出来ます。
この権利については侵害されることはなく患者さんの意志で選択ができます。

これらは自賠責保障の上限である120万から支払われますが治療費が優先されるので車両の修理費や身に着けていたものの修理費を引いた金額からになるので気を付けてください。

また過失割合でも上限額が変わるので注意が必要です。

なるべくたくさん通って慰謝料を貰えという訳ではなく必要な治療を受けないと慰謝料も入ってこないという仕組みを解って頂きたかったのです。

怪我はなんでもそうですが初期治療が大変重要です。

「時間が合わなくなかなか通院できない」
「行っても待つ時間が長い」
「治療の効果を感じられない」

こういった事でお困りの方は当整骨院グループへ!

元住吉、平間、井土ヶ谷と3店舗あり月~土曜日まで夜20時まで診療しております。

また予約優先制となっておりお待たせすることがありません!

当院独自のコアマッスルセラピーが深部筋にまで作用し効果や変化を感じることができます!

川崎市中原区、高津区、幸区、横浜市南区で交通事故、むちうちでお困りの方は当整骨院へお越しください!