スポーツ傷害とは、スポーツ時に運動器に強い外力がかかることによって起こる外傷(スポーツ外傷)とスポーツを続けることで起きる身体の障害 (スポーツ障害)の総称です。

それぞれの特徴について簡単に説明いたします。

1.強い力で起る怪我(外傷)

運動中に衝突したり、強く踏ん張ったりした場合の強い外力によって起る怪我です。
体に働く力が大きく、重症になるケースも多いです。
しっかりとした固定や局所の治療にあわせた、けが以外の部分の持久力や筋力などの機能を落とさないトレーニングが必要となります。
けがの原因の背後に身体的な特徴や運動のくせなど身体的問題が無いことから、ケガの治癒が確実に得られ、筋力や可動域の回復が十分に得られれば、競技復帰も可能となることが多い外傷です。

例)鎖骨骨折、前十字靱帯断裂、肉ばなれ

2.使いすぎ (オーバーユース)で起る慢性の障害

一般的には比較的弱い力が運動器の同一部位に繰り返し加えられることによって起ります。
針金を繰り返し曲げると折れてしまう金属疲労と同じ現象です。
多くの障害には誤った動作の繰り返しやや姿勢など明らかな原因が見つかりますが、本人や指導者も気付かない運動方法や運動時間に問題が認められる場合もあります。
障害には必ず原因があること、一旦発生すると経過が長くなりやすいことなどから運動開始前後のメディカルチェックや日頃からの運動器のケアを心掛け、何よりも予防することが大切です。

例)腰痛、疲労骨折、投球肩、テニス肘、ジャンパー膝、シンスプリントなど。

 

外傷(強い外力)に対する治療はまず安静にすること、怪我した箇所を無理に動かさないことですね。

オーバーユース(使いすぎ)も安静が必要ですが循環が停滞した患部には適切な刺激量による治療が必要です。

現在当院にもスポーツが起因と思われる患者さんが多数来院されています。サッカーの試合中に肉離れを起こした患者さんにはまず安静にして少しずつストレッチを行いました。筋肉が断裂するのが肉離れですが修復途中に筋繊維の方向を整える為に軽いストレッチを入れるが一般的です。

スポーツ障害 サッカー今では元気にサッカーを続けています。

またジャンパーズニー(飛び続ける競技に多い)の患者さんは運動の中止、制限を行い、大腿前面部の筋肉を緩め、患部に適量の刺激を加える事で治癒循環を正常に戻す施術を行った結果改善が見られました。

全体的にスポーツ外傷は運動の制限、中止を必要としますが当院独自のコアマッスルセラピーを行う事で治癒期間の短縮が図れます。

お困りの方は是非一度当院にお越しください。