こんにちは、武蔵新城院の山本です。
武蔵新城の近くは学校も多いこともあり、部活動でのケガの治療などで学生さんが来院されることも多いです。
武蔵新城院ではスポーツ外傷の治療にも対応してます。
先日も野球部の学生さんが『ボールを投げる時に肘が痛い』という症状で来院されました。検査や関節の動きを見たところ、痛みを出している肘だけではなく、背中の肩甲骨の動きが悪いことも原因の一つでした。
背中、肩、肘周りをコア・マッスル・セラピーの手技で治療して、ストレッチの指導や、試合前のテーピングなどの処置を施し、約1ヶ月で最初は10あった痛みが2〜3くらいまで軽減しました。
まだもうしばらく治療は必要ですが、部活を休むことなく改善してきて、治療の必要性を感じていただけました。
スポーツに打ち込むとどうしても体に負担をかけることにもなります。
気になる症状や痛みがあれば、気軽にご相談ください。

 

リーフ整骨院では交通事故専門の治療・対応を行なっております。
もしもの交通事故の際はまずは一度ご相談ください。