こんにちは!リーフ整骨院 元住吉の西田です。

最近フットマッサージをしていて足の筋肉が硬くなっている人が多くいらしゃいます。

その中のほとんどの患者様が、疲れやすさ・むくみなどを感じていました。

なので今日は足の筋肉の役割と疲れむくみの予防法についてお話します。

 

足の筋肉、特にふくらはぎの筋肉は「第二の心臓」と呼ばれています。

心臓の仕事は血液を全身に送り出すポンプの役割を担っていてそれと同じような仕事を筋肉もしています。

 

足には重力の作用で血液が溜まりやすく、溜まった血液をを静脈が心臓に戻します。

ですが静脈だけでは力が足りないので、ふくらはぎの筋肉が収縮と弛緩を繰り返し静脈の手助けをするのです。

なのでふくらはぎの筋肉が硬くなってしまうと血液が溜まりやすくなり、疲れやむくみを感じるようになってしまいます。

 

なので、ふくらはぎの柔らかさを保つことが大切です!

予防法としては、血液の循環を良くする事です。

膝まで湯船につかりあたためて、足に冷水をかける、

これを5回ほど繰り返していただくと血管の伸び縮みがおこり血流がよくなります!お試しください!

当院にも御相談下さい。直接触って筋肉を柔らかくしていきます。

 

井土ヶ谷・元住吉の整骨院なら、腰痛・むちうち・交通事故治療等のリーフ整骨院に御相談下さい。