事故の後早く治療に行きたいのに保険会社や警察に連絡を取ったり、いざ治療院に行ったら「診断書を、、、」とか言われて混乱したことがありませんか?

何から始めて何をすれば治療が受けられるのかやってから調べたり人から話を聞いたりした方が多いかと思います。

もし(ならないのがベストですが)事故に会ってしまったらこちらを参考にして頂ければと思います。

1:警察に連絡し届け出を!
 事故に会ったらまず警察に連絡をしてください。連絡をしないと保険会社に提出する「交通事故証明書」が発行されません。加害者が通常行いますが届け出をしない場合もあります。

必ず連絡しましょう。

2:相手先の連絡先(情報)を聞きましょう!
 相手の氏名、住所、自宅と携帯番号、自動車の登録ナンバー、自賠責保険の会社名と証明書番号、任意保険会社名を確認しましょう。
できれば相手の勤務先や雇い主の住所氏名、連絡先まで確認できればよいかと思います。(仕事中での事故の場合雇い主側も賠償責任があります。)

3:現場での目撃者を確保する
 万が一トラブルになった際に第三者の意見が重要になります。聞ける状態なら近くの目撃した人の連絡先を聞きもしもの時証人になってもらえるように頼んでおきましょう。

4:事故現場の写真を撮っておく
 事故現場や車両を取っておくといざという時の証拠になります。加害者が嘘の証言を行い長引くケースがありますので。

5:病院での診断を受ける
 交通事故での治療には医師の診断が必要になります。必ず軽傷であっても病院へ行って診断してもらいましょう。
当日なんともなくての翌日に急に痛みがでるケースは少なくありません。自分も事故をした翌日歩けなく事がありました。(直後は歩けました。)
また治療をして少し長引いてしまう場合定期的に医師の診断を受けていないと治療を続けなれなくなってしまうこともあるので気を付けて下さい。

6:保険会社担当者に整骨院で治療することを伝える
 電話で「リーフ整骨院で治療します」と伝えて下さい。保険会社より整骨院の方に連絡が来て治療開始となります。

事故現場での対応やその後の対応で実際に起こってみないと解らない事が多いですよね。もしわかりにくいことや相談したいことがありましたらいつでもご連絡下さい!

川崎市中原区元住吉、高津区、幸区、横浜市南区井土ヶ谷での交通事故施術、むちうちでお困りの方はリーフ整骨院へお越しください!