リーフ整骨院、井土ヶ谷院です。

当院の患者様の中には、膝の痛みを訴えて来院される患者様も

多くいらっしゃいます。

先日も50代の女性の方が、膝の痛みで来院されました。

病院では、変形性膝関節症と診断され、階段の昇降や、歩き出し等が痛いとのことで、ヒアルロン酸注射や、電気治療をしたもののあまり効果がなかったということでした。

変形性膝関節症とは、簡単に言えば、加齢とともに膝の軟骨(クッションの役割)が摩耗し、関節への負担が増し、痛みが出てきます。

しかし、軟骨がすり減ったからといって、必ずしも痛みがあるかというと、必ずしもそうではありません。

軟骨がすり減っていても、そこに負担をかけないようにすれば、痛みを抑えることはできます。

実際に、来院された患者様も、関節への負担を軽減するために、膝周りの筋肉へコアマッスルセラピーを施術し、日常の注意点等を気をつけて頂いたところ、現在5回の治療を行いましたが、階段の昇降時の痛みは消失してきました。

膝の痛みなどでお悩みの方は、ご相談だけでもいいので、お気軽にご来院下さい。