『お尻が痛い。。。』『太ももから足にかけて痛い、痺れる。。。』

こんな悩みを抱えていませんか?

『坐骨神経痛』の症状の可能性が高いですが、『坐骨神経痛』には、いろいろな原因があります。

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
  • 梨状筋(りじょうきん)症候群

この他にも原因はありますが、その中でも『梨状筋(りじょうきん)症候群』と言われるものについてお話していきます。

 

まず、坐骨神経痛とは坐骨神経が何かの原因で刺激を受けたり、圧迫されたりすることにより起こるしびれや痛みのことを呼びます。

坐骨神経とは腰から始まりお尻、つま先まで伸びる神経で、体の中で一番太い神経です。

特に坐骨神経は、お尻から足に向かう部分で深い筋肉に包まれていますが、その筋肉が『梨状筋(りじょうきん)』になります。

この梨状筋が硬くなってしまうことによって坐骨神経の通り道を圧迫してしまい、その結果、太ももやふくらはぎにジンジン・ズキズキする痛みやしびれなどが起こってしまいます。

当院では、まず痛みの原因を検査し、痛みの原因を把握し、体の深部にある筋肉に対する治療であるコアマッスルセラピーを行い、お尻の深い筋肉の梨状筋までしっかりと届かせる治療を行い、梨状筋の硬さを取り除いていきます。

長い間お尻や太もも、ふくらはぎの痛みやしびれでお悩みのある方はいつでも当院までご連絡ください!