交通事故に合った方はよくわかるかと思いますが、ほとんどの方が「むちうち」という

症状を訴えられてきます。

では「むちうち」とはどんな症状なのか?

「むちうち」とは「外傷性頸部症候群」または「頸部捻挫」と診断されることが多い。

一般的に交通事故やスポーツ障害で診られる症状で体に強い衝撃が加わり頭部がその力と

反対方向に動かされ頸部を圧迫したり軟部組織(靭帯や関節包、筋肉)伸ばし損傷することである。

頸部の揺さぶられるような動きが鞭を打つときのしなる様に似ている事から「鞭打ち」と呼ばれているらしいです。

 

「むちうち」はパターンが多数あり筋損傷の「捻挫型」や頸部の神経圧迫による「神経型」など人によって出かたは様々です。

最近では脳脊髄液減少症という「慢性的に脳脊髄液が漏れる症状」や軽度外傷性脳損傷といった診断がされる場合もある。

症状としては

痛み、しびれ、だるさ、重さ、めまい、吐き気、頭痛、食欲不振、耳鳴り、肩こり

といったものが多い。

 

車との衝突なら何トンもの衝撃が加わるので普通では考えられない症状が出てもおかしくはありません。

自分が体感している症状では軟部組織の損傷や神経損傷など複数に渡り損傷している事が多く後記に書いた脳脊髄液減少症、軽度外傷性脳損傷などもあり長引く事が多いです。

ただこれらの症状は周りの人が見ても気づかない解って貰えない事が多い症状でもあります。

当院に来た時は細かくてもいいのでしっかり伝えて下さい。初期の治療がその後の症状を決めるといっても過言ではありません。

当院のコアマッスルセラピーは筋治療だけではなく神経損傷や自律神経系にも効果を与えることの出来る施術です。

困ったことや聞きたいことがあればいつでもご連絡下さい!!

 

川崎市中原区、高津区、日吉の交通事故,むちうちのことなら元住吉リーフ整骨院へ是非お越しください!