交通事故の治療について色々と話しましたが実際に起こってしまったらどうするか?

私も事故経験者で実際に遭遇するとなにをしなければならないのかわかりませんでした。

最低限の知識があるといざという時に対応できるので安心ですね。(ただ実際に起きるとパニック気味なりますのでご注意を!)

 

1 交通事故にあった時、どうする?

まず最初にすることは「落ち着く」ことです。

加害者の情報、事故状況の確認、医師の診断は何よりも優先してください。

もちろん加害者になってしまっても被害者の方の安全や救急車の手配等落ち着いて行って下さい。

2 警察に届ける

加害者からの報告は義務ですが、被害者が届ける事も必要です。(特に怪我を負った場合は人身扱いの届け出が重要です)

また仮渡金の請求などで必要になるので早めに自動車安全運転センターから交通事故証明の交付を受けましょう

 

3 相手の確認

加害者の確認事項として、以下の項目が必要です。

加害者の住所、氏名、連絡先

加害者が加入している自賠責保険[共済]、自動車保険の会社[組合]名、証明書番号等

加害者の登録ナンバー

勤務先、雇い主の住所、氏名、連絡先

(※業務中に従業員が事故を起こせば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。)

3 目撃者を確保

第三者の意見は万が一、相手方とトラブルになった際等に効果があるため、通行人など交通事故などの目撃者がいればその証言をメモしましょう。

また名前や連絡先を聞いておき必要なら証人になってもらえるように依頼しておきましょう。

4 自分でも記録

記憶は時間が経てば薄れていくものです。事故当時の状況や現場の見取り図等写真で残せる物も残しておきましょう。記録したものは賠償交渉が終わるまで残しておきましょう。

渡しは事故直後の怪我の状態等を携帯で撮り残しておきました。

5 医師の診断

その時は軽傷だと思っても後から意外と痛みが出るケースが交通事故です。

速やかに医師の診断を受けて気になる所はすべて診てもらいましょう。

こういったケースは私も経験しており以前書いたコラムにも載せております。

興奮状態になっていると意外と痛みは気にならないものでまた自分にも過失があったりすると

気が引けてしまい当日病院に行かない人もいますがその後自賠責保険での治療に大きく影響を受けるので

早めに診てもらい必要なら診断書も書いてもらいましょう。

診断書の内容によっては満足いく治療が受けられないケースもありますので気を付けてください。

 

当院では交通事故の治療に力を入れています。初期治療が非常に重要になってくるので「そんなにひどくないかな?」と思っても専門の医師にしっかりと診てもらって下さい。

 

川崎市中原区、高津区、日吉の交通事故,むちうちのことなら元住吉リーフ整骨院へ是非お越しください!