こんにちは!!

リーフ整骨院井土ヶ谷院の伊差川です!

最近は暑さが厳しく外に出るのも一苦労ですね。

でも、夏と言えば楽しいイベントがたくさんあります!

楽しい時に最悪な事態にならないよう熱中症について理解しておきましょう!

まず最初に熱中症の症状について説明します。

1.めまいや顔のほてり(一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出ることもあります)

2.筋肉痛や筋肉のけいれん(筋肉がつったり、ピクピクと筋肉がけいれんすることがあります)

3.体のだるさや吐き気(体に力が入らない、吐き気や嘔吐、頭痛などを伴う場合もあります)

4.汗のかきかたがおかしい(拭いても拭いても汗が出る、又は全く汗をかかないなど異常がある場合熱中症の危険性があります)

5.体温が高い・皮膚の異常(皮膚を触るととても熱い、皮膚が赤く乾いているなども熱中症のサインです)

6.呼びかけに反応しない・まっすぐ歩けない(声をかけても反応しない、返答がおかしい。体がガクガクとひきつけを起こしたりまっすぐ歩けないなどの異常があるときは重度の熱中症にかかっています。すぐ医療機関を受診しましょう)

7.水分補給が出来ない(呼びかけに反応しない、自分で水分補給が出来ない場合は大変危険な状態です。この場合は無理やり口から飲ませるのはやめ、すぐに医療機関を受診しましょう)

上記のような症状が出ないよう日頃から熱中症の予防・対策をする必要があります。

まだまだ、暑い日が続きますので気を付けて過ごしましょう!!