こんにちは!

リーフ整骨院武蔵新城院の冨田です!

今日は五十肩の話です

五十肩は「肩関節周囲炎」といい一般的には四十肩・五十肩と呼ばれています。

名前の通り肩の周りに起こる炎症で40代・50代に起こることが多いと言われています 😥

原因は色々あると言われますが肩関節周囲の靭帯・軟骨・腱などが長年の使用により老化して炎症が起きてると考えられます。

五十肩は放置して痛みが軽減されることもありますが、肩が上がらないなどの後遺症を残してしまう可能性もあります。

当院では五十肩の治療を行っている患者様もいらっしゃいます。夜中に肩が痛くて目覚める人、肩の動きが悪く横から腕を挙げられない人は肩関節周囲炎の可能性があります!

後遺症を残さないためにも早めの治療をおススメします!

分からないことがあれば気軽にご相談ください!