こんにちは!!

リーフ整骨院井土ヶ谷院の伊差川です。

皆さんは腸腰筋って聞いたことはありますか?

腸腰筋とは骨盤から下腹辺り位置しており、1つの筋肉の名称ではなく主に2つの筋肉の総称で、股関節の動きに関わる筋肉としてとても大切です。

筋肉の働きとしてはももを付け根から前方へ振り上げる動きを司り、他にも脚を固定した状態で上半身を持ち上げるような、いわゆる腹筋運動でも使われることになります。

日常生活では歩行における脚の前方への振りだし、それ以外でも階段を上る際にスムーズに脚を前方へ出す坂道において力強く前方へ進む為に必要な筋肉です。

スポーツではランニングやダッシュなどの走行時において、太ももを前方へ力強く出していく動きに大いに役立つという点です。他にもサッカーでボールを蹴る際の動きやジャンプにも腸腰筋は関わってくるのでパフォーマンスが上がります。

さらに、腸腰筋を鍛えると姿勢が良くなります。姿勢が良くなると体にかかる負担が減るので腰痛も格段に少なくなると言われています。

また深部の筋肉を鍛えてあげることによって基礎代謝が上がり太りにくい体も作れるのです!!

ですが、自分で鍛えようと思ってもなかなか深部の筋肉鍛えることは出来ません。

そこで、リーフ整骨院では「楽トレ」という機械を導入しています。

お腹の周りにパッドを貼り電気の力を使って筋肉を動かしてあげるのです。

30分間リクライニングチェアーに座っているだけですが運動をした後の疲労感なども出ることがあります。

気になる方はぜひ一度リーフ整骨院にお問い合わせください!!