こんにちは!

リーフ整骨院井土ヶ谷院の伊差川です。

年末年始にはお出かけされる方も多いと思いますが、それに伴って交通事故も多くなります。

12月は1年の中で最も事故が多いと言われておりいつも以上に安全運転を心がけましょう。

ただ、自分だけが安全運転でも事故に巻き込まれてしまいます。

もしも、事故に遭った時はどうしたらいいのか?

基本的な対処法は8つあります。

①負傷者を救護する。

救護義務がありますので救護せずにその場を離れるとひき逃げになってしまいます。対人事故を起こしてしまった場合は119番に連絡しましょう。

また、モノにぶつかった場合は物損事故となります。

②警察に事故の届け出をする。

人身事故、物損事故に関係なく警察に連絡をしましょう。

事故を起こした場合相手方と話し合わなければいけませんがこの時に交通事故証明書というものが必要になります。

保険を使う場合も必要になるので後々困らないようにしっかり警察に届けてください。

③相手の連絡先情報を確認する。

確認するときは、免許証、車検証、名刺などを見せてもらい加入している保険会社も確認しておきましょう。

ちなみに確認する内容は、加害者の住所・連絡先・氏名・加入している自賠責保険と任意保険・車両ナンバー・勤務先・自動車保険の会社名と証明書番号。

これらの番号は控えておきましょう。

④目撃者を確保する。

後日証人として必要となることがあるので連絡先などを聞いておく。

⑤事故現場の保存をする。

道路の状況、ブレーキ痕、車の破損、怪我の状態などを写真に撮っておきましょう。

⑥自分でも記録を撮る。

⑦保険会社に通知する。

車を所有している人の多くは 任意保険 に加入しています。そして、一般的に加入者は、事故が起きたら 保険会社へ通知 しなければなりません。

⑧医師の診断を受ける。

事故直後に診てもらいましょう。時間が経った後だと異常があっても事故によるものなのかがわからず、認められない場合があります。

 

いつ事故に遭ってしまうかは誰にもわかりません。

もしも、事故が起きてしまった場合は上記のことを参考にしてみてください。

リーフ整骨院では交通事故もお取り扱いしているのでなにかご不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。

 

横浜市南区永田東1-1-16

TEL 045-334-8628

リーフ整骨院