こんにちは!

リーフ整骨院井土ヶ谷院の伊差川です。

みなさん、内臓脂肪皮下脂肪という言葉を聞いたことがあると思いますが、

なにが違うのか分かりますか?

今回はその違いについてご紹介いたします。

・内臓脂肪

内臓脂肪とはその名の通り内臓、正確には内臓のまわりにつく脂肪です。

内臓のまわりなんて体の外からは当然見ることは出来ないし、
「ほーら、ここのお肉が・・・」
なんてつまんだりする事もできません。
つまりは体の中に隠れた体脂肪というわけです。

内臓脂肪は血行の良い内臓のまわりにあるので、蓄積されるのも早いですが、分解されるのも早いという性質を持っています。
そして、内臓脂肪が付きやすいかどうかは性別とも関係があります。
男性はすぐ取り出せるエネルギー源として皮下脂肪よりも内臓脂肪を蓄えやすいので、女性に比べて内臓脂肪が増えやすいのです。

内臓脂肪は代謝によって分解されやすいので、運動や食事制限によって比較的簡単に落とすことができます。
特に有効なのは体脂肪を直接エネルギーとして使う有酸素運動です。

・皮下脂肪

皮下脂肪は皮膚の下にある皮下組織という部分につく脂肪です。
体の表面に近い部分にあり、”つまめる体脂肪”なので、そのつまんだ部分の厚さを測ることによって肥満度を確かめることもできます。
皮下脂肪型肥満になると外見的にも”たるんだ体型”になるので、ダイエットのきっかけにもなりやすいでしょう。

皮下脂肪は内臓脂肪に比べると代謝が悪いので、どちらかというと分解されにくい性質を持っています。
女性は外的な力から身を守るためか、女性ホルモンの作用により男性に比べて皮下脂肪が付きやすい傾向にあります。

内臓脂肪に比べれば代謝されづらい皮下脂肪も、運動と食事制限を続けることによって確実に落とすことが可能です。
皮膚のすぐ下にあるということは外からの力も加えやすいので、マッサージと運動を組み合わせて行うことで更に効果が期待できるでしょう。

リーフ整骨院井土ヶ谷院では、インナーマッスルを鍛えて基礎代謝を上げる「楽トレ」という機械を導入しております。

少しでも興味がある方はお声掛けください!!