こんにちは!リーフ整骨院元住吉院です。

最近は暑くなってきて気温が30度を超えるのが当たり前になってきましたね!

ニュースでは熱中症の話題も出ています。

これからもっと熱くなっていくので皆さん熱中症には十分に気を付けましょう!

 

いつでもどこでも誰でも条件次第で熱中症にかかる危険性がありますが、

熱中症は正しい予防法を知り、普段から気を付けることで防ぐことが出来ます。

例えば、初夏や梅雨明け・夏休み明けなど、身体が暑さに慣れていないのに気温が急上昇するときは特に危険です。

無理せず徐々に体を慣らすようにしましょう。

対策としては

 

☆暑さを避ける

屋外では、日陰を選んで歩いたり、日傘をさしたり帽子をかぶったりしましょう。

また、屋内での熱中症を防ぐため、扇風機やエアコンを適切(設定温度28度以下、湿度60%以下)に使ったり、すだれやカーテンで直射日光を防いだりして、暑さを避けましょう。

 

☆服装を工夫する

汗を吸収してくれる吸水性に優れた素材の服や下着を着ましょう。

また、襟元はなるべく緩めて、熱気や汗が出ていきやすいように通気しましょう。

太陽光の下では熱を吸収して熱くなる黒色型の衣類は避けましょう。

 

☆こまめに水分を補給する

暑い日には、知らず知らずのうちに汗をかいているので、こまめに水分を補給することが大事です。

たくさん汗をかいた時は、スポーツドリンクや塩飴などで水分と共に塩分も補給しましょう。

なお、アルコールは尿の量を増やし体内の水分を排出してしまうため、ビールなどで水分の補給は出来ません。

 

☆暑さに備えた体づくりをする

日頃からウォーキングなどで、汗をかく習慣を身に付けておくと、夏の暑さにも対抗しやすくなり、熱中症にもなりにくくなります。

 

 

夏も終盤に差し掛かっているけど暑さはまだまだ続きます。

熱中症には気を付けてください!