こんにちはリーフ整骨院井土ヶ谷の本間です!

この前患者様から「体が痛くなりはじめたら冷やす?温める?どっちの方がいいの?」と聞かれました。

どっちもそのときの状態によって正しく使えれば痛みも軽くなり間違ったやり方をしてしまうと痛みが強くなってしまいます。

まず冷やさなければいけないのは捻挫、打撲、突き指などの急性症状です。基本的に急性の時は炎症がでていて

血の流れが盛んになってしまいます。炎症を抑えるには氷などでアイシングしてあげるのが一番に大事になってしまいます。

急性期体に出る症状は患部が熱くなる、晴れる、強い痛みが出ます。

温めなければいけないのは肩こり、目の疲れなど慢性の症状です。慢性の場合は筋肉が硬くなってきて少しずつ重だるさが出てきて鈍い痛みが出てきます。

筋肉は温めれば柔らかくなり冷やせば硬くなります。

ただそういう時に冷湿布温湿布よりは氷・カイロなどを使ってあげたほうがいいです!