こんにちは!
川崎市中原区元住吉にあるリーフ整骨院元住吉院の秦です(*’ω’*)

梅雨も明けてどんどん気温も上がってきますね!
今回はこの時期に多い『夏バテ』についてお話したいと思います。

 

夏バテで、

・身体がだるい
・食欲がない
・疲れがとれない

など様々な体調不良が起こります。

これらは高温多湿の中で体温を一定に保とうと自律神経がフル稼働することで疲弊し、

自律神経の乱れを引き起こすことが原因と考えられています。

室内の空調による冷えや暑い屋外との温度差も自律神経を乱れやすくし、

体調不良へと繋がっていくのです!

 

夏バテ防止としては、

➀栄養バランスのとれた食事をすること
②不足しがちな水分をしっかり補給すること
③睡眠をしっかりとって身体を休めること
④軽い運動をして発汗能力を上げること

が大切になってきます。

 

①栄養バランスのとれた食事をすること

夏はそうめんや冷やし中華など炭水化物に偏った食事になりやすく、
栄養バランスが崩れがちになります。
野菜や果物で不足しやすいビタミンやミネラルを意識的に摂るようにしましょう!

②不足しがちな水分をしっかり補給すること

暑くなり汗をたくさんかくと水分と塩分が失われます。
補わなければ発汗が止まり体温が高くなり熱中症になるのです。
喉が渇いた、と感じた時にはもう脱水は始まっています!
『早め、こまめ』の水分補給を意識していきましょう!

③睡眠をしっかりとって身体を休めること

疲れを取るために快適に、ぐっすり眠ることは必要不可欠。
寝室内を快適(温度約28度、湿度50~60%)に保てるようにエアコンや扇風機を活用したり
イグサ、竹、麻など通気性の良い天然素材やひんやりと感じる素材で作られた寝具を選びましょう!

④軽い運動をして発汗能力を上げること

発汗で温度調節をしているため発汗能力をあげることで夏バテ防止に繋がります。
軽く汗ばむウォーキングや軽いジョギングを15~20分行うことで、
汗腺が開き汗をかきやすくなります。
真夏の炎天下での運動は熱中症になりやすいため朝や夕方など
涼しくなってからの時間で運動することをおススメします!

 

夏休みに様々な所へお出かけされる方も多いと思います!
夏バテ、熱中症などに気を付けて楽しんでくださいね(*’ω’*)☀