こんにちは!元住吉リーフ整骨院です。

最近ますます熱くなってきていますね。

熱中症の話題もちらほら。。。

なので今回は熱中症について触れていきましょう!

ヒトの体は体温を保つための体温調節機能があります。

夏場は汗をかき、その水分が蒸発するときに熱を奪い体温を調節していますが、熱中症は暑熱環境下で水分と塩分のバランスが崩れ体温調節機能に異常をきたす症状です。

熱中症は症状によってⅠ~Ⅲ度に分類されます。

Ⅰ度…めまい、立ちくらみ、生あくび、大量の発汗、筋肉痛、筋肉の硬直(こむら返り)といった症状が現れます。

意識障害はありません。従来の分類では、「熱失神」、「熱痙攣」、「日射病」に当てはまる症状です。

対処法としては、涼しいところで休ませて身体を冷やし、失われた水分と塩分を飲み物で摂取させるなどの応急処置をして様子をみま

す。良くならないようであれば、医療機関を受診させます。

Ⅱ度…症状は、「頭痛、嘔吐、倦怠感、虚脱感、集中力や判断力の低下」があげられます。

従来の「熱疲労」に相当します。虚脱感とは身体に力が入らない状態を意味しています。Ⅱ度での判断力の低下では、自分の名前や

生年月日が言えなくなる、日付や現在の場所や自分の状況がわからないなどの意識障害が現れます。

Ⅲ度…「意識障害、小脳障害、痙攣発作、肝、腎機能障害、血液凝固異常」などの症状が現れます。

従来の区分における「熱射病」に当てはまる症状です。痛みや声掛けといった刺激を与えなければ目を開けない状態、さらに進むと

刺激に対して反応が鈍くなるといった意識障害も現れます。

一刻も早く医療機関へ連れていき、入院による治療を受けるレベルです。

 

熱中症は上記3分類のどれかにピッタリと当てはまるものではなく、環境や状況によって症状は刻々と変化します。

そのため、各段階における主な症状をまとめていますが、重症度の決め手となるものではありません。

学校、職場、介護施設、街中などで熱中症らしき人の異常を早い段階で判断でき、スムーズに応急処置や治療を受けられることを目指して作られた分類です。

熱中症は、初めのうちはⅠ度の症状であっても、あっという間に重症化して死に至る危険性もあります。

例え軽症であっても、症状が良くなるまでは必ず付き添って見守るようにし、一人にしないことが大切です。

また、応急処置で良くならない場合や意識がはっきりしなくなるような場合は早急に医療機へ搬送するようにしましょう。