こんにちは!元住吉リーフ整骨院です。

最近は、暑さが一段と増しそろそろ梅雨も明けそうですね。

今日は体温についてお話しようと思います。

皆さんは、「低体温(36℃以下)は良くない」と聞いたことはありませんか?

なぜ低体温が良くないのでしょうか?体温が上がると、血液の流れが良くなり免疫力が上がります。血液は細胞に栄養を届け、かわりに老廃物を持ち帰る働きをしています。また血液の中には異物と戦う白血球が存在し、体の中をパトロールしてくれているのです。

つまり体温が下がると、体の中に異物を発見しても白血球による駆除ができず、ウイルス等に負けて体調を崩しやすくなるのです。体温が1℃下がると、免疫力が30%落ちると言われています。50年前の日本人の平均体温は36.89℃で、現在は36.20℃、なんと0.7℃も落ちているのです。

患者さまのお身体を診させて頂くと、肩や首、腰など、筋肉が固まってしまい痛みが出ているケースが多いです。またそういった方は血液の循環も悪く、手足の冷えを気にされている場合もあります。そういった場合には、入浴の際はしっかり湯船につかったり、冷たいものを食べすぎない、など体を温め冷やさないようにしてくださいね。またお体に痛みがある場合は、筋肉が固まってしまい血液循環が悪くなっていることもありますので、ぜひ当院に御相談下さい!