こんにちは!川崎市中原区元住吉にあるリーフ整骨院元住吉院の安田です_( _´ω`)_

今回はストレートネックについて話していきたいと思います。

ストレートネックとは

頸椎の生理的前腕角度30度以下の首の状態をいいます。

※首がまっすぐに歪んだ状態を示す言葉なので、病名ではありません。

 
正常な人の首の前腕角度は  30~40度です。
慢性的な頭痛、首の痛み、肩こりに悩む人の多くはこの角度が少なく、病院でレントゲンやMRIを撮ると正常よりもまっすぐなことが多いです。

原因

不良姿勢
慢性的なうつむき姿勢を取ることにより、首の生理的カーブが失われ、ストレートネックになります。
特に猫背の人に多いとされています
長時間のパソコン作業やスマホ操作も代表的な原因です。
その他にも、意外と多いのが過度の姿勢矯正をしている人です。(バレエ、社交ダンスなど)
姿勢を意識するあまり、いつも顎を引いている場合、首の自然なアーチが失われ、まっすぐになるだけではなく、首が逆カーブになってしまう場合も良く見かける現象の一つです。
骨盤や股関節、足のバランスに原因があることも・・・
 

症状

・頭痛がする

・肩がこる

・首が痛い、首が動かない

・頚椎症、椎間板症

・上が向きにくい

・めまい、ふらつき感がある

・手の痺れがある

・寝違いを繰り返す、枕が合わない

・逆流性食道炎、胸焼け、吐き気がする

・自律神経失調症、うつ

☆無症状…ストレートネックや頸椎後弯であっても無症状である場合があり、必ずしも症状が出るわけではありません。

☆男性、女性ともに多く現れますが、最近では子供にも増えてきています。

 

対策

初期の場合や症状が軽い場合は、首局所のマッサージやストレッチなどで症状が改善する場合もあります。

ですが、ストレートネックは首だけの問題ではないので、なかなかそれらだけでは解決してくれないことがあります。

より根本的な解決をはかるためには体全体の骨格から改善することが必要になります。

ただ単に肩こりの人もいればこのようにストレートネックの人もいます。

首の不調、肩こり、肩周辺の悩みがあれば一度リーフ整骨院までご相談下さい。