こんにちは、リーフ整骨院井土ヶ谷院の内海です。

今回は股関節の前側の痛みの原因を探っていきましょう

まず初めに股関節とは関節の分類の中では球関節というものに分類されます

球関節は他の関節と比べて比較的動きの自由度が高い関節ともいえます

例えば肘の関節ですと蝶番関節というものに分類され動きもはその名の通り

蝶のように羽を開いたり、閉じたりというように、肘を曲げるか伸ばすか

しかできない関節ですが股関節だと曲げる、伸ばすに加え、回すという動作が出来ます

より多くの動作が出来るだけあって日常生活の中でも常に負荷、負担はかかっています。

また普段から上半身や骨盤骨を支えている関節はこの股関節であり、体の重心を支えているので

日常生活の中でも痛みなどが出やすいと言えます。

また股関節に付着する筋で特に痛みを発しやすいのが腸腰筋や大腰筋などの

股関節の動きのみならず、姿勢の保持や安定にもかかわる筋肉です。

それらの筋肉は主に腰椎から始まり股関節の前側に付着するものがほとんどです

それらの筋肉が硬くなり股関節前部を伸張させてしまう力が強くなってしまうと痛みが出てきます。

股関節の痛みといっても原因となる筋肉は腰部から始まっていることが多いです

まずはその筋肉を硬くしない為の日常生活の過ごし方やストレッチなどが重要になってきますが

セルフケアを毎日続けることはとても大変ですし、どうしても自分では限界があります

まず痛みを感じましたら、我慢せずに原因を確かめ、その部分のケアをしていきましょう!