こんにちは!川崎市中原区元住吉にあるリーフ整骨院元住吉院の秦です!

本日は腰痛についてお話します。

日本人の約80%の人が経験しているという腰痛の原因としては、習慣的に悪い姿勢をとったり激しい運動を行うなどがあります。

2本の足で立つ人間は、背骨を軸として、体を支えています。

背骨は、ただまっすぐに背中を貫いているわけではなく、2本足で立つのに最も通した「自然なカーブ」をつくっています。

しかし、ごく穏やかな自然なカーブは、容易に崩れやすいものでもあります。
背骨の腰の部分は、程よい前反りになっていますが、習慣的に悪い姿勢をとっていると、反り方が大きくなってしまいます。

また、太り過ぎると、余分な体重で腰への負担が増加し、同時にそれを支えるために、姿勢が悪くなって、程よい前反りを保つことができなくなります。

運動不足でも、腹筋や背筋など、背骨をサポートしている筋肉が衰えるため、姿勢の悪さを招きます。

このような場合は筋肉に硬い塊、筋硬結が出来ていることが多いです。

元住吉リーフ整骨院の『コアマッスルセラピー』では腰痛の原因となる筋硬結に刺激を与えることにより、血液循環が改善し、筋硬結に新鮮な血液が届くようにして損傷した筋肉の治癒を促していきます。

腰痛でお困りのことがあれば元住吉リーフ整骨院までお気軽にお越しください。