こんにちは!

リーフ整骨院井土ヶ谷院の伊差川です。

日本にスマホが普及してから6~7年程経ちます。

最近ではどこに行ってもみんながスマホをいじっている時代です。

それに伴って体には沢山の影響があります。

目の疲れ(眼精疲労)

ストレートネックによる肩こり

内巻き肩

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

ドケルバン病

テキストサム損傷

主なものだけでもこれだけあります。

まず、今回は目の疲れ(眼精疲労)についてご紹介します。

簡単に言えば、使い過ぎによる「目の疲れ」です。

特にスマホはブルーライトの影響、画面サイズが小さいところを見つめ続けるために目に大きく負担がかかります。

軽いものだと一晩寝ると改善しますが、ひどくなってくると寝て休めたはずなのに起きたときから、

目が重い、目がかすむ、目がチカチカする、目が痛いなどの症状に悩まされます。

改善策としては、まずは目を休ませてあげることが1番です!

その他の方法は、

・目を温める・冷やす

目を温めることで血行が改善し、毛様体筋の緊張を緩めることができます。但し、目に痛みがあるときや、充血しているときは冷やしましょう。

・目の体操をする

・目の周りをマッサージする

・目薬をさす

などです。パソコンを使うお仕事でも1時間ごとに10分程休憩を取りましょう。それが難しければ、目を使わなくてもいい仕事(資料をシュレッダーにかけるなど)に切り替えましょう。

また、目の疲れから首のこり、肩こりに繋がってきますので早めに対処していきましょう!