こんにちは!

リーフ整骨院井土ヶ谷院の伊差川です。

ぎっくり腰なのか、ただの腰痛なのかって区別しづらいですよね。

ここで簡単に種類別に説明していきたいと思います。

腰痛には大きく分けて3種類あります。

1.腰の筋肉痛

2.ぎっくり腰

3.腰痛

腰の筋肉痛とは急な運動・普段しない運動・引越しのお手伝いなどがきっかけで痛みがでてしまう症状です。

このような場合は、安静にして様子を見ましょう。痛みが徐々になくなってきたら、ストレッチなどで筋肉を動かしリラックスしましょう。

 

ぎっくり腰は重いものを持つ・身体をひねった時に突然起こるもので腰の筋肉が負荷に耐え切れず炎症を起こしてしまうものです。

簡単に言うと腰の捻挫になるので、痛みが伴わない姿勢で患部をアイシングして安静にしましょう。

 

腰痛は特別に明確なきっかけがなく慢性的に起きる腰や筋肉が虚弱になり上半身を支えられなくなり痛みが起こるものです。

このような場合は安静にして様子を見てストレッチなどをしましょう。

 

上記のように腰痛と言っても種類があります。

そのままにしておくと筋肉が硬くなったり、腰をかばうことによって他の部分も痛くなってきたしまいます。

腰が痛くなったらお気軽にご相談ください!!