武蔵新城の和田です。間違った冷え性対策の続きです。

◯お酒で体を温める
お酒を飲むと血管が広がり血流が増えるので、体がポカポカと温まります。ですが血管が広がっていると状態は熱が逃げやすい状態でもあります。
お酒を飲んで寒い外を歩くと、急激に体温が奪われてしまいます。

◯筋肉を使って冷えを撃退
基礎代謝とは、呼吸をすることで筋肉を使って熱を産生する活動のことです。筋肉の量が増えれば基礎代謝も上がり、熱を生み出す量も増えていきます。
しかし筋肉が硬く、しっかり動かないと熱の産生も低下してしまいます。日頃から筋肉を使うようにして筋肉の量を落とさないこと、筋肉の硬さを残さないで血流を良くしておくことが大切です。