こんにちは!
リーフ整骨院、武蔵新城院の関です!

先日は外反母趾の症状で来院された患者様がいらっしゃいました。

外反母趾とは親指が小指側に曲がり変形した状態の事を言います。
ヒールなどのつま先が狭くヒールの高い靴を履く女性に特に多く見られます。

外反母趾になる事により足の変形や疼痛、タコや機能障害などがあらわれます。
外反母趾は女性に多く、女性、ハイヒール、遺伝が三大原因と言われています。
家族発症の報告も多く、遺伝的な要素が関与していることが分かっています。

また、外反母趾を発生しやすい足の特徴としては第一中足骨内反、
偏平足、第一足根中足関節の不安定性のある足などがあげられています。

治療法としてはテーピング、ストレッチ、足にあった靴を履くなどが挙げられます!

当院ではコアマッスルセラピーで、関連する筋肉を治療したり、自宅で行なえるストレッチを指導させていただきます。
場合によってはサポーターなどもご用意させていただき、少しでも早く痛みを解消できるように治療いたします!

外反母趾など足の痛み、症状でお困りの際はリーフ整骨院前まで!

リーフ整骨院では交通事故の専門の治療、対応をいたしております。もしもの事故の際にはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
ムチ打ち、バイク事故、タクシー事故、自転車事故、自動車事故、自損事故、等に遭われた際は
警察と保険会社と【リーフ整骨院】までお電話ください。

リーフ整骨院(武蔵新城)
〒211-0045 川崎市中原区上新城2-8-20
044-863-7228