こんにちは!リーフ整骨院井土ヶ谷院の本間です。

今日は坐骨神経痛についてお話をします。まず「坐骨神経痛」は症状であり病名ではありません。

ですので、なにかしらの病が進んだ結果として起こってくるものがほとんどです。

原因として基本的には腰から起こってくるものが多く、坐骨神経が圧迫されてしまうと臀部・太ももの裏側、進行してくるとふくらはぎ・足の裏・甲

にも強い痺れ感、電撃痛のようなものが起こってきます。

鍼灸治療では坐骨神経を圧迫している梨状筋などの原因筋に刺激を与えてさらに元の原因の腰の部分も緩めいかないと症状が改善しにくいので

こちらもしっかり緩めていかなければいけません。

普段から坐骨神経痛にお悩みのかたは一度鍼灸治療を試してみてください。