こんにちは!武蔵新城院の関です!
今回は座骨神経痛についてお話をさせていただきます。
最近でも『歩いていると足先にシビレがある』という方や、『長く座っているとお尻や太ももがピリピリしてくる』など、多くの方が座骨神経痛に悩まされて当院に受診されています。
座骨神経痛というのは、腰の骨(腰椎)の間から出てきて、お尻を通って、足の方へ下っていく神経です。
この座骨神経痛が【硬くなった筋肉に圧迫されて】しまったり、【腰のヘルニアなどが原因で炎症を起こして】しまうことで症状が出ます。
シビレ、痛みの他に感覚障害(痛みに過敏になったり、逆に鈍くなることも)など、様々な症状を引き起こします。
また、これからの時期に冷えてくると症状が強くなる方が多いようです。
当院では徒手検査や症状の出方から原因の筋肉・神経を探り出し、その部位に対してコア・マッスル・セラピー(深層筋治療)を施し、症状の改善を目指します。
その他にも症状の程度などによって運動療法やストレッチ療法、鍼治療などを組み合わせて、できるだけ早く痛みから解放されるよう治療を行ないます。
神経痛も放っておくと治りが悪くなる傾向があります。気になる症状などがありましたら、まずはお気軽にご相談ください!

JR南武線の武蔵新城駅にリーフ整骨院オープン!
武蔵新城駅の北口から徒歩2分、はってん会商店街の中にあります。
座骨神経痛、腰痛の他にも、交通事故治療や美容鍼なども行なっています。

リーフ整骨院武蔵新城院
川崎市中原区上新城2-8-20
電話044-863-7228