こんにちは、リーフ整骨院武蔵新城院の山本です。

武蔵新城でも膝の痛みで来院される患者さまが多くいらっしゃいます。

 

60歳以上の女性では約40%、男性では約20%がレントゲンを撮ると変形性ひざ関節症と診断されます。

さらに80歳代になると女性で60%以上、男性でも50%近くに達します。

どの年代においても女性の方が男性に比べて1.5~2倍多くなっています。

 

女性はヒールの高い靴を履いている影響から若い頃から膝に負担がかかりやすかったり、閉経後から骨が弱りやすく骨粗しょう症になりやすかったりするため、変形性ひざ関節症に進行しやすいそうです。

 

変形性ひざ関節症では骨の変形自体は治らないとされていますが、関節周りの炎症を減らしたり、関節の動きを良くするリハビリをしたり、筋肉を強くする運動をすることで、症状を軽くして痛みを減らして歩きやすくすることは十分可能です。

また当院ではお家でできる運動やストレッチも指導いたします。

 

変形性ひざ関節症や膝の痛みでお悩みの方はリーフ整骨院武蔵新城院までご相談を!

リーフ整骨院 武蔵新城院

〒211-0045川崎市中原区上新城2-8-20

TEL044-863-7228

スポーツ障害からくる膝の治療なども取り扱っています!