こんにちは!
リーフ整骨院井土ヶ谷院の伊差川です。

今回は交通事故により起こる腕・手指の怪我についてご紹介させていただきます。

交通事故で多い怪我は足の怪我で、2番目に多いのは腕・手指の怪我と言われています。
腕や手指の怪我は、バイク・自転車・歩行者と自動車の交通事故で発生する確率が高くなります。
怪我の主な原因としては、ハンドルを握っていた手首の怪我やダッシュボード・フロントガラスにぶつける、バイクで転倒するなどをして負傷します。

交通事故での手指・腕の怪我と言っても骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れなどがあり、治療時期や程度によっても病院で治療する事が良い事もあれば、整骨院で治療する事が最適な場合もあります。
特にレントゲンで異常が診られない捻挫、打撲、肉離れに関しては医療機関よりも整骨院で治療を行なう方が最適と考えます。

一人一人違った症状に対してしっかりカウンセリングを行い、根本から治療し、一日でも早く交通事故からの不安を解消できるよう、お手伝いさせていただきます。
お困りの方が居られましたら、いつでもリーフ整骨院にご相談ください!!