こんにちは!

リーフ整骨院の伊差川です。

今回は腱鞘炎についてご紹介します。

私たちが手の指を動かすときは指の筋肉だけではなく手首から肘の間にある”腕の筋肉”も使っています。

その腕の筋肉の伸び縮みを指に伝えてるいるのが「腱(けん)」という太いロープのようなパーツです。

そしてこの腱は、指を動かす際に位置がズレないよう「腱鞘(けんしょう)」という名のトンネルの中に入り固定されていて、

指を多く動かせば動かすほど腱が腱鞘とこすれ続けて腱鞘が炎症を起こし痛みを感じるようになってしまいます。

そのほかにも「女性ホルモンのバランスの崩れ」などが原因ともされていて、

妊娠出産期や閉経後の女性は腱鞘炎になりやすいと言われています。

腱鞘炎は日常生活動作に問題がある事が多いため一度発症してしまうと大変です。

ですが、腕の筋肉を緩めたり、温めたりすることで症状は改善されていきます。

指の痛み、手首の痛みでお困りの方はぜひ一度リーフ整骨院にご相談してください。