みなさんこんにちは!リーフ元住吉院の青木です。お盆も終わり、段々と普段の日常に戻りつつありますね。

今日は自宅でできる夏バテ防止の入浴方法を紹介したいと思います!

みなさんは暑いからといって浴槽につからずにシャワーで入浴を済ませていませんか?

実は、暑い夏だからこそ入浴をしたほうが疲れが取れやすいのです!入浴することにより、体をリラックスさせる副交感神経が活発になり、疲労感が抜けやすくなります。また入浴をして体温を一時的にぐっとあげる事により、そのあと寝付きやすくもなるのです。

夏の疲れに有効な入浴方法としては、38~40℃のぬるめのお湯に、20分~30分つかるのが良いとされています。体中の血管が広がり、全身の血液循環が活発になると同時に、汗をかくことで体内の老廃物が体外に排出されます!ぜひみなさんも試してみてください!

また、帰省や旅行の疲れ、腰痛や肩こりなどでお悩みの方はお気軽にリーフ整骨院までご連絡・ご相談ください!お待ちしております(^^)/