こんにちは、リーフ整骨院井土ヶ谷の内海です!

今回交通事故でのむち打ちの症状についてお話しさせていただきます。

交通事故で特に多いケガ、症状といえばやはりむち打ちです

追突事故に遭ってしまった際、自損事故を起こしてしまった場合にも

ドライバーや同乗者の方に特に負荷がかかってしまうのは、

ハンドルを握っている腕~肩関節にかけてと可動性が大きい頸部なのです

特に首は衝突した際に過伸展しその後勢いよく過屈曲をして

その影響により首周辺の筋肉が引き延ばされ捻挫を起こしてしまい、むち打ちになってしまいます。

事故直後はアドレナリンが過度に分泌され、痛みが感じにくかったりしますが

むち打ちは速やかに処置を行わなければ筋肉が硬くなってしまい、重度の場合ですと痺れが続いてしまうこともあります

まずは痛みが軽度でも、交通事故に遭われてしまった場合は速やかに当院にお越しください!