こんにちはリーフ整骨院井土ヶ谷院の伊差川です!

最近本格的な夏の暑さになってきましたね!

沖縄に住んでいたことがある私でもこの関東地方の暑さは体に堪えます

特に日中は日差しが急激に気温が上昇し、最近では熱中症になってしまう方が増えています。

暑さ対策として皆さんは何をしているでしょうか?

クーラーや扇風機を使用される方も多いと思いますが

クーラーや冷房は涼しくなる、というより体が冷えるという感覚になり

結果として長時間あたってしまうと体に悪影響を及ぼすこともあります。

そこで原始的な方法なのですが簡単に出来るのが気化熱を利用した温度を下げる方法です!

夏場よく打ち水などをして涼しくなるのは気化熱が働いているからで、

熱いアスファルトに水をかけることで、水が蒸発するときに一緒にアスファルトの熱を奪っているので

結果として涼しくなります、よくお風呂上りに体をしっかりと拭かないと風邪を引くよ!

といわれるのも気化熱で体温が下がってしまうからです。

気化熱では約2~3度ほど温度を下げる効果があり、急激に冷えすぎないので体にも負担がかかりにくいです!

最近ではあまり打ち水をしている方を見かけなくなりましたが皆さんも試してみてはいかがでしょうか?