こんにちはリーフ整骨院井土ヶ谷院の内海です。

先日肘の外側の痛みを訴えた患者様が来院されました

他の医療機関での診断結果はテニス肘と言われたそうです。

患者様自身は最近激しい運動等はしていない、特にテニスなんてしたこともない

なのになぜ?と疑問に思っていたそうです。

 

テニス肘といってもテニスをしていない人でも症状が出てしまう方がいます

肘の外側が痛む方はテニス肘の中でもバックハンドテニスエルボー(外側上顆炎)というものに当てはまります。

これはバックハンドでラケットを振った際に肘の外側~手首・指などについている手の甲を上に挙げる

伸筋群が引き延ばされた結果、筋肉が多く付着し尚且つ一番負担のかかる肘の外側筋肉が微細な損傷

を起こしてしまい痛みが出るというものです。

 

このような症状は日常生活でも出てしまうことがあります

例) 車をよく運転ハンドルを強く握ってしまう方、手首を返して買い物袋を持つ方

など日常生活でも意外にこのように筋肉が緊張してしまう動作が繰り返し起こったことで

筋肉が損傷してしまうケースもあります。

なので肘の外側が痛むという症状が出たらまずは自分の日常生活を振り返ってみてください

そこに原因となった動作などのヒントが隠されています。

 

またもし症状が強く出てしまった場合は適切なアドバイス・治療をしていきますので

当院までご気軽にお越しください。