書いたままですが「腰周辺が痛くなること」です。

原因は様々です。筋肉性、神経性、骨性、内臓疾患の関連痛、妊娠、など等数えだしたらきりがないくらいです。

分類としては急性腰痛と慢性腰痛というのがありますが基本的に痛みを感じている時点でほぼ急性よりです。

亜急性といいまして何かきっかけがあるとすぐに急性になってしまう状態です。

自分たちとしては張りや関節可動域の制限、鈍痛、感覚異常などから状態を診つつ手の感覚で状態を把握しています。

よく「よく痛い所がわかるね!?」とおっしゃって頂く事があるのですが筋肉性の痛みであれば比較的簡単な検査で

わかってしまうものです。

自分が診て来た感想ですが非常に危ない方が多いのが現状です。危ないとは強い痛み(ぎっくり腰等)になりそうな

予備軍の方が多いということです。違和感を感じたら一度来て欲しいです。なると前兆を感じるんですが

最初は全然わからない事が多いんですよね。自分がそうでしたから。

次回以降時間が取れましたら筋肉性腰痛~色々な腰痛の説明させて頂こうかと思います。