こんにちは!川崎市中原区のリーフ整骨院の田中です!

今日は坐骨神経痛についてお話したいと思います!

坐骨神経痛は、腰痛特に腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症などの既往後に続発して起こることもありますし、お尻周りの筋肉の硬さや、妊娠をしている女性などの方にも出てきやすい症状になります。

この坐骨神経というのは骨盤から足先まで続く人体の中で最も太くて長い神経になるのですが、この神経が一番影響を受けやすいのが、お尻の深いところにある梨状筋という筋肉があるのですが、その筋肉が硬くなってしまうと梨状筋の間を坐骨神経が通過するので、結果として神経が圧迫され症状がでてしまいます。

この神経が圧迫されると、お尻から足にかけて痺れが出る感じや痛みを伴い、安静にしていても違和感が継続してしまいます。

硬くなった梨状筋を緩めることで症状の緩和を図ることができますが、この梨状筋という筋肉は深いところにあり中々触りにくい筋肉になります。

当院の治療であるコアマッスルセラピーでは、深層部にある筋肉の治療を得意としてるのでこの梨状筋に対してもアプローチすることができます!

もし腰痛やそれに伴う坐骨神経痛でお悩みの方がいらっしゃいましたら、一度ご相談下さい。症状の緩和に全力を尽くしていきます!

 

                       リーフ整骨院 元住吉院 Tel 044-272-7880

 

 

 

 

リーフ整骨院(武蔵新城)
〒211-0045 川崎市中原区上新城2-8-20
電話044-863-7228
JR南武線の武蔵新城駅の北口から徒歩2分ほど、はってん会の商店街の中にあります。
休診日:日曜日、木曜午後
受付時間=午前 9:30〜12:30
午後15:00〜20:00