朝起きて“首が痛くて横を向けない”“痛くて起き上がれない”なんて経験はありませんか?

寝違えは就寝中に無理な姿勢をしていたり、枕の高さが合わず首に負担がかかることによって起こります。

症状は筋肉痛に似たモノから、“全く身動きが取れない!”という重症化したものまで様々です。

寝違えになると負担のかかっていた筋肉は循環障害や強い筋緊張、炎症を起こして、痛みや運動制限が出てきます。

ほとんどの場合、1週間~10日ほど安静にすることで症状は徐々に落ち着いてきますが、寝違えを起こす方には、肩こりや姿勢の悪さ、体のゆがみ、血行不良による冷えなどの基礎疾患が隠れていることが多いです。

寝違え 高枕

当院では症状や検査から原因となっている筋肉を見つけて、コアマッスルセラピーによる治療を行います。

寝違えでしたら1~3回の治療で完治する方が多いです!

 

寝違えも仕事や生活に支障をきたしたり、痛みが残り長期化することもあります。

朝起きて“なんか違和感が”、“なんか痛いな”と感じたら、早めの治療を行いましょう!