武蔵新城院の和田です。
先日はヒールを履いて歩いていた際に、ちょっとした段差で足首を捻挫してしまいました。
固定やアイシングを自分で行い様子を見ようと思いましたが腫れがなかなか引かずにいたので、同僚の関先生に相談をして治療していただきました!
捻挫した患部と、その周囲の関連する筋肉にコアマッスルセラピーの手技治療を施していただき、その場で腫れが少し減ってきました。
3日ほど続けて治療していただき、普通の歩行では痛みや違和感もほとんど感じなくなってきました。
今後も10日くらいは固定などを続けて完治させていこうと思います。
捻挫は自然に痛みは取れていきますが、関節がルーズになってしまったり、完全に痛みが取りきれずに残ってしまうこともあります。
しっかりと治して快適に歩けるためにも、身をもって治療の大切さを感じられました。

『捻挫くらい』と放って置かず、できるだけ時間をおかずに早い段階で適切な処置を施していきましょう!